毎度お久しぶりです。
今回はShemHaMephorash v0.2.2から実装している
区画内政(兵站管理)について説明をしたいと思います。


19_33区画内政について

区画内政とは、簡単に言うとプレイヤーの保有する特定の領地にメリットとデメリットを付与してより戦いを有利に進めるための内政要素になります。
特定の領地を経済特化にしたり、逆に攻撃や防御特化にしたり・・・といった塩梅です。
あまり敷居を高くしたくはないので、v0.2.2時点では建設のためのコストは資金のみになっています。

===実装の経緯===
ちょくちょく遊ぶ4XゲーだったりRTSでは以下の流れがオーソドックスなようでした。(civ6とか顕著)
1.土地を広げる
2.広げた土地を使って内政をする
3.内政で高めた国力で勝利する

で、ヴァーレントゥーガはどうなのかというと基本的には領土拡張とお金!という感じなので土地を活かす要素って基本的にないなと思っていました。
(領土毎の防衛のしやすさとかはありますが)
内政要素も基本的にはコマンド形式で、土地内政って見ないなぁと思っていたわけです。

ウエステリア戦記では同じような理由から策源地建設を実装しましたが、
残念ながらイベントで領地変動が起きるストーリーとのかみ合わせはあまり良くありませんでした。

というわけでシェムハでは領地喪失イベントを極力導入せず、
より本格的な領地改善要素を取り入れてみようとして今に至ったわけです。

===区画内政の基本===
区域建設

区画建設は内政ウィンドウから「兵站管理」を選択することで実行可能となります。
兵站管理メニューにはターン開始時点で保有している領地が表示されますので、
その中から区画を建設したい領地を選んで区画建設を行なうことになります。
よって、占領直後の領地に区画建設をすることはできません。

区画建設コストは基本的に資金のみですが、若干の建設要件を設けています。(今後増えるかも)
1. 本拠地を建設していること
2. 本拠地を保有していること
つまり区画内政を使用する = イナゴ式戦術が使えないということ。

また、ターン毎の区画建設回数に上限はありません。(今のところは)


区画建設後にそれを取り下げることは出来ず仮に敵に占領されても建て直すことは出来ません。
あなたはそれを取り返す必要に駆られるわけです。

続いて、建設後にできることについて。

領地毎内政

建設済み区画がある領地を保有した状態でターンを開始すると、
区画毎の内政メニューを閲覧することが可能になります。
v0.2.2時点では本拠地のみですが、ここで区画毎の機能拡充を行なうことも出来ます。

例えば新しい区画の建設を可能にしたり、より区画の持つ効果を強烈にしたり、
はたまた区画の効果を弱めて通常領地に近い形で戦いに備えたり、といった塩梅で検討中です。



一旦ここまで。
そのうち各区画の効果と、区画隣接効果についてもう少し掘り下げていきます。