毎度お久しぶりです。
まず、v0.9.0での更新内容は以下の通りとなります。

・戦史シナリオ『Dragonic Syndrome』および『サン・ティレールに陽は昇る』に前日譚を追加
・チュートリアル最終戦の構成を選択難易度によって変化するように調整
novice用、transcendent用をそれぞれ追加
・内政Lv3を開放
・内政Lv2にて特殊内政『現地軍編制』を追加


◆戦史シナリオ前日譚追加
前日譚

既に実装済みの戦史シナリオの内、二つのシナリオに戦闘までの経緯とゲーム上の歴史的背景の説明を追加しました。
試験的な追加ではありますが、ゲーム本編や戦史シナリオの戦闘内で語り切れていない部分の補足説明になればいいかなと。
戦史シナリオをやるような方はそれなりにゲーム世界に興味を持っていただいていると思っているので、ちょっとクドく書き連ねてます。

感触が良ければ残りの戦史にも同様に追加予定。


◆難易度別チュートリアル最終戦
かねてより「チュートリアルにしては難しすぎ」との声があった戦闘に手を入れました。
シナリオに楽しみを見出す方、或いは難易度のほうに見出す方とそれぞれあると思いますので、最初に選んだ難易度によって3パターンに派生するようにしました。

novice → 密集だけじゃない戦闘を知って欲しい(主に騎兵)
ordinary, expert → 地形や友軍を適切に活用出来ますか? 
transcendent → 手札を沢山差し上げます 難易度も爆上げします


チュートリアルはなるべく改良したいので、分かりにくい点などありましたら是非おっしゃってください。


◆内政追加

今まで暫定で内政Lv2までを用意していましたが、今回で内政Lv3を開放しました。
...と言っても、内政Lv3でやれる事もそんなに増えてはいないのですが。

また、戦略目標追加のために内政Lv2に特殊内政『現地軍編制』を追加しました。

現地軍編制

これは、特定の領地を保有していており、かつそこに元々存在していた現地勢力が滅亡している場合のみ、通常は雇用出来ない一般兵科部隊*6を雇用出来るといったものです。

これまで通り、特殊雇用を使って少しずつ軍団を改良してもいいですし、今回追加した『現地軍編制』を使って方面軍単位での丸ごと改造をしてみるのも面白いかもしれません。
また、それを目標に侵攻ルートを検討してみてはどうでしょうか。

どうしても後半は勢力ごとの動きが最適化されすぎて単調になるため、スパイスになればいいなぁと。



今後の展望については後ほど追記します。


※6/10追記




今後の方針ですが、まずは今の時点で形のあるものを整えて、一旦作品として区切りたいと考えています。
優先的に固めたいのは以下の項目です。

・全ての人材のface画像
・実装済み第一部シナリオを必要に応じて推敲
・実装済み戦史シナリオ全て(仮実装含めて現時点で4つ)の整形

そこまでが出来上がった時点で、ひとまずv1.0.0版として外部サイト公開というのをやってみようかと。
(それで何が変わるってわけでも無いとは思いますが...)


それ以降は次の要素から着手していく予定です。

・全ての人材の列伝追加
・全ての勢力の第二部OP追加
・第一部勢力の残りシナリオ追加(と、余力あれば分岐シナリオ追加)


先に第一部勢力の残りシナリオをやれよ!って話なのですが、また時間を掛けてずるずると進めていく事になりそうなのでこちらは外部公開後にゆっくり追加しようと思っています。

また、第二部関連のお話が後回しになっている件ですが、話の内容的には第一部で登った人達がゆっくり着地していく話になりそうなので、こちらも初見の方からすると「?」な感が強そうなため、やや優先度を下げさせて頂きます。


なので、上記要素が全部纏まった時点で以下のものを固めて行こうかなと思っています。
(ひょっとすると幾つかは前倒しするかもなのですが)

・終盤内政要素追加(通常内政Lv4と特殊内政Lv3)
・第二部終盤クライシス追加
・第二部シナリオ随時追加
・戦史シナリオ随時追加


此処までが終わったらようやく、全要素作成完了と言い切れるのではないかなと。

◆何が言いたいかと言うと

随時追加するプチ要素と本筋の要素を明確に分けないといつまでも完成しない気がしてきたから、というわけなのです。
加えて、同時並行で色々と手伝わせてもらったり、新しく作り始めているものもウエステリア戦記ともども中途半端になってしまうのは宜しくないなというわけでして。

そんなこんなで、暫くは一区切りつける為の地味な更新が続いてしまうのですが何卒ご容赦下さい。


新しく作り始めているものについては、そのうち別エントリにて。