テュケーの本棚

前回更新からもう一か月経ってしまいました。
更新頻度落ちるのはあんまりよろしくありませんね、急げばいいってものでもありませんが。

ということで、お待たせしました。ウエステリア戦記v0.4.3更新です。


今回の更新内容は以下の通りになります。

・帝国南方師団 chapter1シナリオを追加しました。
・バルグジン総統軍および帝国南方師団のイベント総覧を追加しました。
・第二部『尾を喰らう蛇』、フリーモード『楽園炎上』、
フリーモード『地獄とは神の不在なり』を仮作成しました。
人材配置など色々と未了状態です。ちゃんと遊べる段階まではもう暫くお待ちを。
・ワールドマップを若干見直しました。画面下が見切れたりと鬱陶しかったので。
多少見栄えも良く....うーん、なったんでしょうか? 
・幾つかのスキル追加を実施しました。地味。
・試験的に一部マップに『ビジランテ』を配置しました。
所謂防衛部隊です。うん、まだ2マップしか用意していないのです。
極端に不評でなければ今後ちょくちょく追加予定です。 

 
小更新
b2:一部スキル追加, 帝国南方師団シナリオ序盤難度の緩和
安定版:帝国南方師団目線で各所戦闘バランス調整
ほか、シナリオ関連の修正, 変更など


数が増えてそれっぽくなった気もしますが、まだまだ未完成なシナリオたち....
シナリオ選択
 
勢力も数は多い、数は。
新マップ
 
そしてスキル作成のノウハウはまだまだと言った所です。これが一番の鬼門かもしれませんね。
竜巻
 


と、いつも通り好き勝手に制作を続けておりますが、今回も何卒よろしくお願いします。
 

Stellaris、modが既に豊富に開発されており、導入も他のゲームに比べると
非常に容易なので元のゲーム以上に飽ない。
いいですね。いいですよ。

今回のプレイでは艦隊戦AIが改善されるmodを導入しています。
他にも艦種を増やすmodやら外交手段が増えるmodやら色々ありますので
ちょっとworkshopを巡ってみるのもいいかもしれません。


それでは第三話です。

 続きを読む

想像以上にハマってしまってさぁ大変。
AARと呼んでいいか分からない何か、第二話です。

ちなみにStellarisの購入はsteamで可能、要素追加版でも5000円、
workshopにて簡単に導入出来る日本語modもぜひどうぞ。

では前回の続き、異星人生存圏との邂逅から始めてまいります。 

 続きを読む

最近始めたSterallisというパラドゲーが非常に好みなテイストだったので、試験的にプレイレポート的なものを作ってみました。
ヴァーレントゥーガやらの戦略+戦術なゲームが好きな方、良ければ手に取ってみてはいかがでしょう。
Stellaris公式ページ:http://www.stellarisgame.com/ 


では以下、ちょっと操作に慣れてきた初心者によるプレイレポートの始まり始まり。
続きは気分によっては書くかもしれないし、これっきりかもしれません。何卒、何卒。
続きを読む

やったー連休だ!
という事で、次の大規模更新に向けた着地点をそろそろ見定めて行きたいと思います。

現時点でやっている事、やりたい事は次の通りです。

・各クラスの詳細説明の追加
・第二部での仮EDの追加
・第二部開始時点での情勢変化イベントの追加
・策源地コマンドを応用した『要塞化コマンド』の作成と内政Lv3の作成
・第二部から開始出来る新シナリオの追加 


策源地コマンドでは戦場にならない内地の強化が中心でしたが、
要塞化コマンドは逆に前線での運用を想定した形態にしたいと考えています。

経済値は減少する変わりに領地許容部隊数増加や増援専用ユニットの配備など
戦闘面でのメリットを付与出来ればなぁと漠然に考えています。

良ければアイデアをお寄せください。


また、第二部開始時点での情勢変化については、まずターンによる各国の強化を緩和、
各地の領地許容部隊数増加、小国と大国にそれぞれ資金orレベルボーナスを付与、
といった内容の変化をさせたいと考えています。

これもまだ構想段階ですので、まずやってみてから調整する、といった流れになりそうです。
つまり、第二部以降は暫く劣悪バランスが続くという事。
今まで通り、プレイ推奨箇所はしばらく第一部までとなります。


列挙した全てをv0.5までに完了する事は無いかもですが、
これまでのように勢力シナリオ更新をしながらじわじわ着手していきますので、
第二部以降も遊びたい!という方はその辺りも着眼して頂ければと思います。

 

face105aface105
絵の方はまだまだ練習不足。
描き直しやら新規追加やらの詳細はtwitterにて報告してます。


VT本体の更新が終わりそうという事ですので、その分マメに更新していきたい所存。
ななあし氏のこれまでの奮闘に感謝すると共に、今後も継続的に頑張っていきますので、
これからも応援, 支援を頂ければ幸いです。


それでは、また。


このページのトップヘ