テュケーの本棚

作品は下記サイトにて公開しています。
基本的に古いバージョンのものから削除していきますのでご了承ください。

制作とその他とで色々混じってきたので一番上に持ってきておきます。

作品ダウンロードはこちらから。
ウエステリア戦記:フリーゲーム夢現
ShemHaMephorash(シェムハ):Steam フリーゲーム夢現


こちらはオリシナと素材制作向けです。
テュケーの本棚_素材庫

【ひとこと】 2022/5/1
ShemHaMephorashのSteamアーリーアクセス開始から1年、
苦戦に次ぐ苦戦の現在ですが、それでもモチベーションを持って創作を続けられていることに感謝です。
続きを読む



報告を承っている作品:ウエステリア戦記(RTS) ShemHaMephorash(RTS)
報告を頂いても対応できない作品:魂の略奪手(RPG) awake(RPG)
続きを読む

毎度お久しぶりです。
Steam内のイベント告知機能が便利なこともあって、
こちらでの新規記事はかなりご無沙汰になってしまいました。

今回は以下のSteam版『ShemHaMephorash』のマイナーバージョンを一つ上げて
v1.1.0としましたので、それ関連のお話 + ちょっとしたおまけのお話になります。




v1.1.0での主なラインナップは以下の通りです。

・ロシア帝国南征軍シナリオ『魔女は礎に祈らない』新規実装
・ロシア帝国南征軍シナリオ『マグノリアへ贈る』立ち絵演出追加
・Steam版 体験版配信開始


以下、詳細になります。


続きを読む

毎度お久しぶりです。
このたび、無事2021年4月9日より歴史ファンタジー戦略ゲーム『ShemHaMephorash』の
Steamでの配信開始を迎えることとなりました。

https://store.steampowered.com/app/1481720/ShemHaMephorash/

title2

今後のSteam版での微細な変更などについてはウィッシュリスト登録者向けの
イベント通知経由で情報をお伝えすることになる予定です。
また、フリー版への不具合修正の展開を実施した際には、
これまでと同様に本ブログやフリーゲーム夢現様の作品ページにて
展開内容の一覧を共有させていただければなと考えています。

(いずれも重要度や優先度によって臨機応変に切り替えることになるかとは思います)


さて、気になっている方もおられるかと思いますので、
改めてフリー版とSteam版での一時的&恒久的な差異について説明いたします。

まず、以下の要素はSteam版でのみ恒久的に対応していくものとなっています。

・英語翻訳対応
・全身立ち絵による演出
・BGMの音飛び&変音対策
・ゲーム性を大幅に変えるような追加要素(あれば)

続いて、以下の要素はしばらくお待ちいただければ
フリー版にも展開される予定の内容となっています。

・不具合修正全般
・小規模なイベントスチルの追加
・新シナリオや新列伝、新人材の追加
  (申し訳ありませんが、Steam版との差別化のためにも新シナリオの反映については
  1シナリオ更新分程度、意図的に反映を遅らせていただきます)
・その他、既存の要素を調整する類のゲームバランス調整


なお、ゲームバランスについてのコメントは従来どおりVTwikiや本ブログでもチェックしますが、以下のSteam掲示板をご活用いただければ、他のプレイヤーの目にも触れやすくなり、建設的に議論やご提案をいただけるかと思われます。
https://steamcommunity.com/app/1481720/discussions/

フリー版を経たことでそれなりに整ってきたゲームではありますが、よりプレイヤーに楽しんでいただけるような作品になれるよう、引き続きご協力をいただけますと幸いです。

それでは今後とも、よろしくお願いいたします。



====

続きを読む


毎度お久しぶりです。
今回の記事は拙作『ShemHaMephorash』のSteam版についての告知になります。

この度、架空19世紀のアフガニスタンを舞台に繰り広げられる
戦略/戦術SLG「ShemHaMephorash」のSteamでの配信を決定いたしました。
配信開始は2021年4月9日を予定しております。
予定価格は6.99USD (720円)です。

https://store.steampowered.com/app/1481720/ShemHaMephorash/

カプセル画像2_2
キービジュアルはこんな塩梅です。

・フリー版との差異について
大きな変更点は英語対応、全身立ち絵による演出追加となっています。
また、この追加変更は順次追加されていくもので、
初版では本編1-1「律法学者たちの宴」のみ対応しています。

英語対応、演出追加は順次行なっていく予定で、
現在実装されている6シナリオ全ての対応が完了するまでは
「早期アクセス」扱いとさせていただきます。

これは特に海外向けに「大部分の翻訳は未完了ですよ」と伝える意図が主だったりします。


20210216003705_1
立ち絵はこんな感じになります。
これらは全イベントで常時表示させるわけではなく、
「ここ立ち絵ありで演出したいなぁ」というところに差し込んでいます。
「律法学者たちの宴」については邪魔にならない程度に比較的マイルドな運用をしています。


・Steam版とフリー版の今後の方針
フリー版についても引き続き、システム改善や不具合修正内容については共有していきます。
この作品を気に入っていただけた方、継続して遊んでいただける方ほど
Steam版を手に取っていただくメリットを増やしたいと考えているため、
新シナリオの公開などはSteam版で先行し、
後にフリー版へも反映するといった形を取らせていただく予定です。
Steam経由では差分アップデートを利用できる都合上、
修正の反映等もおそらくSteam版では短いスパンで行なっていくことになると思われます。


ゲーム性や物語の内容自体はフリー版でも同様に楽しめますので、
ご興味を持っていただけた方はおひとつどうぞ。

https://freegame-mugen.jp/simulation/game_9194.html

作者としては、Steam版にしてもフリー版にしてもまずは
作品に触れていただけること自体が一番嬉しいものです。


以上、Steam版についての告知でした。

このページのトップヘ